靴底の耕作

2010, Mixed media installation / Video

神奈川県民ホールで展示された中では最も大きな作品です。スゴロクの道を作りながら、同時にルーレットを回して進む様子を撮影しました。道と、道の上の指示は、スタッフがランダムに作っていきます。その道に導かれるように進み、止まった目の指示に従いパフォーマンスしました。さらに、その光景を頭上から撮影し、まさにパフォーマンスをした後の痕跡が残るその場所にプロジェクターで投影しました。痕跡と映像の過程が重なり、様々な時間軸が混ざりあいます。また、スゴロクの道が徐々にできていく過程は、地面に巨大なドローイングの線が描かれていくようにも見えます。

Installation view 個展「こねる」, 2010, 神奈川県民ホールギャラリー